| STORYSTORE TOP | 会社概要 | プライバシーポリシー  |
GUNDAM DAYS Exhibition
AFTER REPORT
『ガンダムデイズ』イベント
NewsBoy-monor.jpg
| STORYSTORE TOP | 会社概要 | プライバシーポリシー  | お支
After Report Aug 25 to Sep 1,2018
下記該当イベントは終了しております。開催時の模様を掲載しています。
gundamdays-obozawa01.jpg
gundamdays-obozawa02.jpg
gundamdays-obozawa03.eps
gundamdays-obozawa10.jpg
gundamdays-obozawa14.jpg
gundamdays-obozawa15.jpg
gundamdays-obozawa13.jpg
gundamdays-obozawa11.jpg
gundamdays-obozawa07.jpg
gundamdays-obozawa05.jpg
gundamdays-obozawa06.jpg
gundamdays-obozawa09.jpg
gundamdays-obozawa08.jpg
gundamdays-obozawa04.jpg
gundamdays-obozawa12.jpg
gundamdays-obozawa16.jpg
gundamdays-obozawa17.jpg
gundamdays-obozawa18.jpg
gundamdays-onozawa22.jpg
map.jpg
zakupop.jpg
小田雅弘著『ガンダムデイズ』刊行(8月25日発売)を記念して下記日程にて「トイズアップ!」連載時の扉絵を担当した「小野沢有治」
『小野沢有治 ガンダムデイズ展』  小田雅弘著『ガンダムデイズ』刊行記念 『小野沢有治 ガンダムデイズ展』 ゲスト出展:小田雅
© 2018 Masahiro Oda.  © 2013-2018 Yuji Onozawa ©SOTSU・SUNRISE
manimani.jpg
gd025-001.jpg
再び宇宙へ 思いきって発想を替えるために、自分がいちばん苦手なもの嫌いなものに目を向けてみることにしました。それが宇宙エレベー
レコンギスタ ガンダムだけれどもガンダムではないものを作ります。ガンダムだと思いたい人はそう思っていただいてかまいません。−富
ザクこそがすべて ザクの正解は実は今もってわからないというのが正直なところワタクシの感想。それほどにザクは難しい。ゴジラやゼロ
プラモ狂四郎 時代はスーパーファミコンを始めとしたTVゲームブーム到来前夜の話。あくまで話の主軸となるのはプラスティックモデル
ゼロロクアール ザクでありながらザクをはるかに上回る機体、ミリタリー模型マニアの思考回路からすればMS‐06Rをどうにかして立
Rタイプザク 信じられないような人気を博したRタイプザク。まさにMSVの展開が模型化につながる前夜のことであった。−小田雅弘−
ミリタリーカラー ザクで印象的なのはそのミリタリーカラーを身にまとっていた点である。軍事マニアを納得させる濁色のグリーングレー
漂流要塞 SFキャラクターもの愛好マニアは子供の頃に慣れ親しんだそれらを思い起こす。模型店が廃業して洒落で命名したストリームベ
ジオング攻防 とにもかくにも新製品としてのジオングを記事として担当することはかなわなかったがくすぶった火種がのちに違うチャンス
青の6号
海洋堂から赤い封筒が送られてきた。開封してみると
文面はなにやら「召集」を匂わせるものだった。
−小田雅弘−
『トイズアップ!』#20 2018年4月28日発行より
高野豆腐 ワタクシという高野豆腐は、模型に関しての仕事であったり、また趣味に楽しむときに、見聞きしてきたことが出汁となって持ち
ガウ 本当に掛け値無い話で、同じ時代を共有した模型人とは、一瞬にして理解し合うことができる。石橋謙一さんがどんな模型を完成させ
ダグラム 珍しくも大河原さんのご機嫌がよろしくない。主役のダグラムを砂漠に朽ち果てさせたのだから縁起が悪いことこの上なかったの
パーフェクトガンダム そんなこと言われても大伴昌司、小松崎茂の両巨頭のビジュアルイメージをたっぷり脳に吸って育った世代なのだか
バンダイ模型 バンダイがプラスティックモデルを始めた当初のことを振り返ると、まず撤退したコグレというメーカーの製品を受け継いだ
フルアーマーガンダム 黒いガンダムに持っていくところが富野監督の素晴らしいところ、予定調和なんて蹴っ飛ばしてきっちり向う脛をさ
小野沢有治/おのざわゆうじ プロフィール 1955年生まれ東京都板橋区出身。ハンズ大賞、イラストコンペなどで入賞し1989年か
バリエーション お仕着せではない自分だけのモデル作りの芳醇な香りに反応してガンダムのプラモデルに夢中になった小学生の目線は実は
ガンダムデイズ 『ガンダムデイズ』の表紙カバー用に依頼されたイラスト。小田さんの「ザクの方がいいな」の一言で裏表紙に使うことに
< TOYSPRESS TOP
next >